Amazon ゴールドカードが改悪?【問い合わせてみた】

こんにちはリードです。

Amazonゴールドカードの年会費優遇がなくなる?という噂を見たので調べてみました。

結論からいうと改悪ではありませんのでご心配なく!

Amazonカードを知らない人のためにもまずは簡単に紹介します。

Amazonゴールドカードは、その名の通り、Amazonの利用に特化したクレジットカードです。

特典として以下があります。

  • Amazonプライムが使い放題
  • 条件を満たせば年会費を半額にできる
  • Amazonでショッピングでポイント還元率が2.5%
  • 全国主要空港のラウンジサービスが無料

もちろんゴールドカードなので年会費を支払う必要があるのですが、リポ払いに登録することで、半額以下の年会費で利用できていました。

この制度を利用すれば、通常のプライム年会費よりAmazonゴールドの年会費が安くすることができます。

つまり、プライムより安い料金で、プライム会員になれて、Amazonポイントを多く貰えて、各種空港のラウンジも利用できるようになります。

さて、今回改悪だと噂されているのは、この年会費の割引条件が変更されたためです。

(詳細はこちらの改定ページ

https://www.smbc-card.com/mem/cardinfo/cardinfo4020279.jsp

改定内容は下記になります。

改定前改定後
「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のご利用がある「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いがある
(毎月のお支払い・臨時のお支払い)

上記を解説しますと、これまではリボ払いに登録さえしていれば厄介なリボ払いの手数料を支払わなくても問題はありませんでした。

しかし改定によって、年に一度はリボ払いをしなけれなならなくなってしまった、というものです。

たしかにこれは厄介ですが、上記ページに下部に気になる文言がありました。

三井住友プラチナカード・一部の提携カード(Amazon Mastercardなど)で本改定の対象とならないカードがございます。

Amazon MasterCardは対象外と書いてあります。

でもゴールドカードとは書いてないし不安です。(Amazonのカードにはクラシックとゴールドの2種類があります。)

ということで、問い合わせてみました!

翌日にはメールで回答をいただいたので、回答部分を引用します。

ご質問いただきました、Amazon Mastercard ゴールドは
本改定の対象外でございます。
現在の条件と変わらず、リボ払い手数料のお支払いがない場合でも 、
マイ・ペイすリボのご設定の上、年1回以上のご利用がありますと 、
引き続き年会費優遇となります。

Amazonゴールドカードは今回の改定の対象外と書かれています。

これまでと同様の条件で利用できそうです!

ということで、ゴールドカード会員の皆様、安心してください。

そして、プライム会員だけどゴールドカードを作っていない人、メリットしか無いので今すぐ作りましょう(笑)

以上になります。

節約の最新記事8件

>月1万円を簡単に増やしてみませんか

月1万円を簡単に増やしてみませんか

マネースクエアのトラリピは誰でもできるFX自動売買ツール。1度設定してしまえば、あなたが寝ている時、ゲームしている間にお金を稼いでくれます。まずは1万円から増やしてみませんか?

CTR IMG